相続税還付・無料相談

相続税還付の概算は、相続税専門の税理士がセカンドオピニオンをして確認します。相続税の納付はすでに終わってしまったという方も一定期間は、修正できる可能性があります。鑑定評価・測量・税務などを各士業の専門家が多面的な観点から再評価します。当社から相続専門の税理士をご紹介させていただきます。

平成27年度は相続税課税件数は約2倍に!

※前年比 財務省の相続税・贈与税に係る基本的計数に関する資料を 調べたところ 平成26年度は、亡くなられた方の相続税課税件数割合は 約4.4%でしたが、 平成27年度には、亡くなられた方の 相続税課税件数割合は約8%になりました。 具体的な件数では、平成26年は、56,239件から平成27年には103,043件になりました

資産整理から相続税申告まで ワンステップでお手伝い !

相続申告期限から5年以内なら、相続税の セカンドオピニオンを ご提案致します! 資産整理には節税効果が最大限に発揮されるタイミングがあります! 相続専門の税理士と連携して、概算査定に無料でお応え致します。 ※相続税対策の経験豊富な専門家による合法的な還付手続きです ※税務相談等は連携している税理士が行います。

年間 1人あたり約1.3件の相続申告をしていること !

・税理士の登録者数は平成29年9月末現在76,935名。 ※日本税理士連合会のHPより・平成27年の課税件数は、103,043件です。 ※財務省の相続税・贈与税に係る基本的計数に関する資料より 年間 1人あたり約1.3件の相続申告をしていることになります ※課税件数全ての相続申告を登録税理士が申告していると仮定 相続税対策として相続を専門とする各分野の専門家が申告内容の 詳細な見直しを行うことで、節税効果が表れる場合があります。

60歳代以上の方の宅地保有率は90%

資産内訳のデータでは、世帯主の年齢別1世帯当たりの資産では、 60歳代以上の方は宅地保有率90%となります。 東京都の1世帯当たりの家計資産(二人以上の世帯) では、 金融資産19.7%、宅地・住宅資産78.1%、耐久消費財等資産2.2% となっており、多くの資産を不動産で所有していることがわかります。

収益性の低い資産を整理する

相続税対策の一環として所有していた土地に家賃保証で建築された 長期一括借り上げのアパート等を所有されている方の場合でも、 人口減から発生する空室率の増加に伴い、借り上げ会社から家賃の 条件変更が提示される場合があります。収益性の低い資産を整理 することで、資産の目減りや資産の入れ替えによる収益性の向上 なども考えられます。