相続専門の税理士を無料でご紹介~資産整理から相続税申告までワンステップでお手伝い~

相続専門の税理士を無料でご紹介しています。
相続税還付の概算は、相続税専門の税理士がセカンドオピニオンをして確認します。
相続税の納付はすでに終わってしまったという方も一定期間は、修正できる可能性があります。
鑑定評価・測量・税務などを各士業の専門家が多面的な観点から再評価。当社から”相続専門の税理士”を無料でご紹介。1000万円以上還付の概算事例もございます!

平成27年に相続税の課税対象が引き下げ

相続税の課税対象が引き下げられたことで、都内で住宅を所有しているだけで課税対象になる可能性が有ります。

※前年比 財務省の相続税・贈与税に係る基本的計数に関する資料を 調べたところ平成26年度は、亡くなられた方の相続税課税件数割合は約4.4%でしたが、平成27年度には、亡くなられた方の 相続税課税件数割合は約8%になりました。具体的な件数では、平成26年は、56,239件から平成27年には103,043件になりました。

一度納めた相続税は、戻ってくる可能性があります

一度納めた相続税は、戻ってくる可能性が有ります。
相続申告期限から5年以内なら、相続税のセカンドオピニオンをご提案致します!資産整理には節税効果が最大限に発揮されるタイミングがあります!相続専門の税理士と連携して、概算査定に無料でお応え致します。

※相続税対策の経験豊富な専門家による合法的な還付手続きです。
※税務相談等は連携している税理士が行います。


相続を専門とした各分野の専門家が申告内容の詳細な見直しを行うことで、節税効果を見出します

申告内容の見直しで、節税効果を!相続を専門とした各分野の専門家が申告内容の詳細な見直しを行うことで、節税効果を見出します。
税理士の登録者数は平成29年9月末現在76,935名。
※日本税理士連合会のHPより平成27年の課税件数は、103,043件です。 財務省の相続税・贈与税に係る基本的計数に関する資料より年間 1人あたり約1.3件の相続申告をしていることになります。相続税対策として相続を専門とする各分野の専門家が申告内容の詳細な見直しを行うことで、節税効果が表れる場合があります。

60歳代以上の1世帯あたりの資産内訳データ



不動産の有効活用は非常に重要、家計資産内訳では約78%が宅地・住宅資産!
資産内訳のデータでは、世帯主の年齢別1世帯当たりの資産では、60歳代以上の方は宅地保有率90%となります。


1世帯あたりの家計資産内訳



家計資産(二人以上の世帯) では、金融資産19.7%、宅地・住宅資産78.1%、耐久消費財等資産2.2%となっており、多くの資産を不動産で所有していることがわかります。


収益性の低い資産を整理する事で資産の入れ替えによる収益性の向上を!

収益性の低い資産を整理する
資産の入れ替えによる収益性の向上を!
相続対策として、所有する土地に家賃保証が前提で建てたアパートが、想定外の空室率増加に伴い保証内容の条件変更が提示される場合があります。将来的に収益性の低い資産の整理や入れ替えにより、将来の収益性を向上させることも考えられます。


当社から相続専門の税理士を無料でご紹介させていただきます

相続税還付の概算は、相続税専門の税理士がセカンドオピニオンをして確認します。相続税の納付はすでに終わってしまったという方も一定期間は、修正できる可能性があります。鑑定評価・測量・税務などを各士業の専門家が多面的な観点から再評価いたします。当社から相続専門の税理士をご紹介させていただきますのでぜひご活用ください。