・個人投資家が不動産投資で不動産屋の餌食にならないために

2019.02.12

あやしい不動産会社に餌食にならないためには、どうしたらはじめて不動産投資を考えている個人でもわかるのでしょうか。
彼らがすべて同じ手法ではありませんが傾向はあるかもしれません。マスコミで報道された会社や私があやしいと感じて取引をひかえる会社の例をご紹介していきます。

上手に個人投資家をだます不動産会社は投資家の耳元でみみざわりの良いことばをささやきながら、個人投資家をあつめて、ターゲットを選ぶ作業をおこないます。不動産会社の事務所をみてみると安心感がもてそうで、投資リスクをわすれさせてくれる立派な建物や一等地に事務所を置く会社は少なくありません


先日、ガイアの夜明けで個人投資家に詐欺のような手法で投資不動産を販売している不動産会社が紹介されましたね。50歳台の女性が老後のご不安から不動産会社に相談することで、岩手県内の古い一棟マンションを8,000万円で購入していました。購入後に入居者が次々に退去しはじめて、退去後の室内からは雨漏りやクロスのはがれなど散々な物件でした。預金残高も48,000円を5,000万円台まで偽造してましたね。昔から不動産業者が金融機関に対してお客様の資金内容などで改ざん書類を出す手法は古典的な手法です。私達プロの不動産業者が怪しそうな会社を見分けるポイントを簡単にご紹介します。



個人投資家が悪質な業者のセミナーやコンサルタントに相談してコロっとやられてしまうのはなぜなんでしょうか。理由はいくつかあると思いますが共通する傾向がいくつかみられます。個人投資家を短時間で使用させるためのアイテムをそろえています。会社の立地や入居しているビルや売上高と資本金です。ご紹介した要素は会社の規模を見分けることに役立つと思いますが、不自然に急成長していることが多いのです。



簡単にみわけるポイント
・都心の一等地や高層ビルにオフィスをかまえ、個人投資家に安心感と信頼感を外観から得ることに力をいれています。おしゃれなビルや一等地の地名にまどわされないこともポイントです。


・一戸建てなどの実需の不動産はあまり扱わない傾向が強い。融資を得やすいアパートや一棟マンションなど住居系の収益物件を中心に販売する会社が多いです。


・資本金が多くみせるのも特徴です。資金力で安心感を得るために設立後まもない会社の資本金が1億円などということもあります。長年の間に増資を繰り返し資本金が大きな会社が一般的ですが独立系で設立まもないわりに資本金が多いときも
要注意をしてください。



・売上急成長の会社は、かぼちゃの馬車でも同様ですが1億円の一棟マンションを売却すると、当然うりあげは1億円です。営業マンのよくある説明に当社は仲介していません。社有なので手数料もかからず非公開の物件です。と紹介しておきながら登記簿の所有者は他人名義の物件を紹介する。所有権が移転された不動産を紹介することが非常に少ない会社が多いのも特徴です。購入の意思表示をすると元の所有者との価格差を仲介手数料以上の利益をかるく抜かれます。三為契約ですね。このような方法で自己資金が少なくてもお客様のお金で残金金支払いをするので、リスクもなく簡単に売り上げを伸ばすことは可能になります。


・銀行融資に自信満々!当然ですよね。金融機関の書類を自由に作成する輩までいるので、個人投資家から購入の意思さえ得ることができれば、あとはなんとしても資金調達を成功させて、売り上げ増にみすびつけるので結果として急成長しているわけです。


残念なことは、このような会社が金融の引き締めなどで廃業をしても元社員が同様の会社をつくる傾向が多くなかなか無くなることがありません。個人投資家の方は、見かけだけにとらわれず今回はポイントの一部を簡単にご紹介しましたが色々な角度から判断してください。投資は自己責任でリスクも当然ともないますので、あるていど貯金と勉強をしてからはじめましょう。

不動産売買に関するご不安やご相談はお気軽にご連絡ください。

ブログ一覧へもどる

2016年10月01日