・資産整理でアパートマンションを売却予定の方へ。リスクを知ろう!

成功する投資物件をてに入れる


不動産の資産整理とは、相続対策として生前に資産整理として売却するケース、あるいは自己破産などによって泣く泣く、資産を整理するケースなどがあります。これから資産整理で、アパートや一棟マンションを売却予定の方には、すごく参考になるであろう裏話!そう、みなさんが所有する投資物件をスムーズに売却するために注意する点をご紹介します。



まずお客様が不動産の売却を考えたとき


もっている不動産をできるだけ高く売りたい!!

と考えるのは当たり前。

ですが、最近は銀行などの金融機関が投資用不動産に対する融資を日々きびしくしています。ですから売りに出した不動産を個人のお客様が購入を望んでも、最終的に融資を受けることが出来ずに不動産会社に売却してしまうケースが増えてきています。



ご所有の不動産をどこに売るか、売却先を決める時、


もちろん、買ってくれる金額が高い不動産会社へ売るぞ!

と決める方がほとんどだと思います。不動産の売却先を考えたとき、高く買ってもらいたいと考えることは、ごく自然なことで、所有者の心理として当然ことです。

ですが実は、ここだけの話、高い購入金額をだしてくる不動産会社には、リスクが隠されていることがあります。お聞きになったことがあるかもしれませんが、高い購入金額の提示をする会社には、いわゆる”三為契約”と言う契約方法を希望する不動産会社が多いからです。三為契約とそのリスクをご紹介します。



三為契約とは…

不動産会社が、購入した物件を第三者にすぐに売却できる内容で売買契約をすること。最終決済日には転売先の投資家の資金で残金決済しはらいができる契約方法です。

※詳しくは過去記事もご参考にして下さい


三為契約の具体例をいくつかご紹介!

https://shibuya-zr.net/trivial-contract/


三為契約を条件にして購入する不動産会社の方が、登記費用や金利などの経費を掛からないため、提示してくる価格が高い事が多いという説得方法になります。売る側の心理として当然、三為契約を前提であっても、高い価格をだしてくる不動産会社に売ると決めたくなります。



三為契約のリスクとは

三為契約であっても何事もなく、決済日に残金の決済ができれば良いのです。ですが、実際には何の問題もなく・・・とはいかないリスクが潜んでいるのが、三為契約なのです。

そのリスクとは、あなたから不動産を購入した不動産会社がその物件を決済日までに転売することができないことがあるのです。その場合には、不動産を購入した不動産会社は、契約を白紙で解約できる条件とした内容で契約がむすばれていたり、不動産業者が残金の支払い日を伸ばしてほしいと交渉してくる事態が発生します。いまは三為契約の融資は断る、という金融機関も出てきているので、更に解約や解約にともなうトラブルの可能性が高くなっています。

先日も同業者の友人と話をしていると〇〇不動産は、再販売の状況が良くないらしく、最後に解約をしてきたりするから契約するのは、気を付けた方が良いよ!と教えてくれました。



実は、不動産業者間であっても三為契約は慎重になるリスクの高い契約内容なのです。



みなさんが所有する不動産を売却する時には、高い価格にこだわりすぎずに契約内容にも注意することで、不動産トラブルに巻き込まれることのないようスムーズな不動産取引を目指してください。


℡:03-5388-9055

mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

2019年07月11日