・家を買う時、非常識な営業マンに当たったらどうする?


不動産会社の担当営業マンの非常識な行動のせいで、欲しかった物件を買うことができなかったら、あなたならどう思いますか?本当にそんなことがあるのです。不動産会社選びも大切ですが、営業マンの質も非常に大切です。皆さんも担当の営業マンに不安があれば、遠慮なく申し出るべきだと考えます。本来不動産の営業マンは、お客様ファーストで行動するのがあるべき姿なのですから。今回は悪い営業マンにあたってしまった事例を書きます。



投資不動産を専門で販売している不動産会社から、連絡がありました。来社を希望する内容で、目的は、自分がを紹介したお客様が、当社で預かっている物件を気に入ったので、顧客内容を細かく説明したいとのこと。あわせて再案内も予定している事を聞きました。

うちが預かっている物件とは、RCで建築された総戸数30戸以上の大型投資物件で、当社が専任媒介契約を頂いて、販売活動をしていた物です。

ご要望をうけて、電話をしてきたその不動産会社の担当者と、上司の方にご来社頂き、購入希望のお客様に関する内容説明を聞きました。お客様は国内だけでなく、海外の不動産投資まで手広く行っているお客様で、今回の物件を購入するための資金、銀行融資にも問題なく、再案内後に最終判断を待つだけであるという状況のようでした。先方の不動会社が帰られた後、当社からオーナー様へそのまま報告をしておきました。



ところがその週末、突然オーナー様から少し興奮した状態でお電話が・・開口一番、

『今日内覧は、入っていたのか?』

本日内覧の予定はまだ入っていませんでしたし、聞いてもいませんでした。当社が専任媒介契約を頂いていますので、もし内覧希望があれば連絡がきているはずでした。

何事かと、聞いてみると、上記物件の原状回復リフォームの為施工業者が室内に入ったところ、知らない人が居たということでした。これは無断内覧ではないか、そう思った業者さんから、その場でオーナーへ報告がきたという事情でした。

オーナー様は、先日報告しておいた、不動産会社が勝手に内覧しているのではないか?と思いながらも、同時に賃貸の募集もしていたので、賃貸の業者が勝手に内覧しているのかもしれないと、状況を判断できずにおられました。どちらにしても、勝手に室内を案内している不動産会社に納得いかないと怒りました。当然です。

現地にいる施工業者から、そこにいる不動産会社について細かい報告をさせた結果、当社に来社した不動産会社と現地から報告された不動産会社は、社名は、似ているが、微妙に違うことがわかりました。



担当者の名前なども似ているが微妙に異なる状況。びみょう…

わたしとしても、微妙に社名が異なり、物件には施錠していますし、その開錠方法も知らせてません。内覧希望や日程など何もを聞いていなかったので、すぐには判断できない状況でした。現地で内覧していた不動産会社の担当者は施工業者に名刺は忘れた。と説明していたのでありませんでした。たよりは携帯の電話番号だけ。

調べた結果、当社に来社した不動産会社の担当者と同一人物であることが判明。そして、物件の賃貸管理業者と勝手に連絡を取り、無断で鍵を開けて内覧していた事実も確認できました。

後日、オーナー様からご購入を検討されているお客様には申し訳ないが、勝手に内覧をする不動産会社とは、契約をするつもりがないので、そのお客様はお断りして下さい。との内容でした。

先方の不動産会社へは、勝手に内覧した事実が判明した事を告げ、オーナー様から勝手に内覧するような不動産会社と契約はしないと言われた事を伝えました。

先方の不動産会社は当社に対し、只々平謝りでしたが何とも後味が悪い状況でした。本来は、お客様へ正直に謝罪した方が良いのでは?と思いましたが、また適当な報告をお客様へするのだろうと呆れながら、電話だけで全てを済まそうとする無責任な謝罪を聞き流していました。



後日、他社のお客様と契約は無事に終了いたしました。最初のご購入希望者の方は、ご本人とは全く関係の無い理由にも関わらず、物件購入を断念されていると思います。不動産会社はどこでも同じではなく、きちんとした不動産会社を選ばないと、買いたい物件を売ってもらえない事態に遭遇する可能性が有ります。残念ながら質の悪い不動産会社が多数存在するのも事実です、ご自身の目で不動産会社の体質を営業マンの言動などから見抜いていきましょう。

2019年08月05日