・相続税の申告を知り合いの税理士に頼んではいけない理由

税理士で相続を得意とする人は少ない。税理士が1年間で扱う相続税の申告は約1.3件と言われています。年間でほぼ1度。その年唯一の案件がご自身だったとしたら、、と考えると不安になりますよね。5年務めて5件の経験。。10年でやっと10回の経験値です。



先日、大手商社が相続対策を提案する時に依頼する相続専門の税理士をその商社の友人から紹介してもらいました。大手商社と提携している相続専門の特殊な税理士法人です。税理士で相続を得意とする人は少ない。この話もその時に教えて頂いた話です。



いや、もう相続税納めてしまったけど…という方も、5年間は還付の申請が出来るそうです。1000万円以上の還付事例もございます。これは合法的な還付手続きです。



当社でも商社からご紹介して頂いた法人様をご紹介できますので、ご相談頂けます。知り合いの税理士に依頼して申告を終わらせた方も、成功報酬なので還付がされない時には、一切無料になりますので、納税を済ませた方も相続税のセカンドオピニオンとして再チェックする事をおすすめします。

もちろん紹介料などはございませんので、ご安心ください。住まいの無料個別相談会のサービスの一環です。

2019年03月19日