・失敗しない不動産投資術、不動産投資を成功させる最も安全な方法とは

成功する投資物件をてに入れる


失敗しない不動産投資に必要なものとはなにか。失敗しない投資、つまり不動産投資で成功するために最低限必要なものは、正しい情報と正確な判断力です。さらに不動産投資会社の実態を一部公開しますので、不動産業の商習慣的な動きも理解することで、より良い物件を購入することができれば、不動産投資の成功も一歩近づいてきます。みなさんの不動産投資の成功をお祈りします。 わたしが見てきた残念な実態からお話をします。

 

わたしは、不動産会社の経営をはじめて30年以上になります。わたしのまわりの同業者を見渡してみると、いろいろな広告で宣伝している内容と実際の業務内容は逆真逆で、そもそも”投資家のみなさんの利益をいちばんに優先しますよー” なんて言う不動産会社などあるのか?と思っています。不動産会社は、自分の会社の利益を最優先で活動している会社以外をみかけた記憶がありません。大手不動産会社の金融機関提出用の書類改ざんや施工不良など大手から中小まで、自社の利益を最優先にしている歪がバレてしまった印象ですね。金融機関も同様にシェアーハウスへの融資問題からはじまり、信用金庫も業務階以前命令を受けました。数日前からは、かんぽ生命保険までも同様な問題が露呈しはじめました。みなさん、これでも大手だからと信用するのですか。 もう一つ不動産会社の営業マンがおこなう一般的な行動について話をします。営業マンが割安な物件を預かったとします。こんなとき所有者からたいがい言われる言葉があります。それは『良いお客様がいたら私の不動産をご紹介してもらってもいいですよ』これはときどきあるのですが、逆にわるいお客様には紹介しなくていいという意味と考えます。なので、はじめてきたお客様にはご紹介していません。

 

 

当社の実例をひとつご紹介します。 当社が所有していた区分マンションを先月売却しました。室内はきれいでしたが同じマンションに2戸所有していたのでひと部屋を割安感のある価格で売却することに私がきめました。同じフロアーで少し面積がちいさいお部屋の約55%、割安感のある価格で販売を開始しました。情報はレインズ等に公開せずに2社の担当者だけ話た結果、一週間後には個人のお客様が現金一括のお支払で購入していただきました。 ”お客様の性格や資金内容などがわからなければ、特別な物件は紹介しない”これが不動産会社の売主から信用ある営業マンの行動パターンです。いっぽうで、不動産会社の営業マンと良いコミュニケーションが取れ始めると、割安な物件やきぼうの条件をほぼ満たす物件を紹介してもらえることも当然あります。ここで一番大切な事があります。安い物件ならすぐに売れてしまいます。よい物件を紹介されたときには変なかけひきなどせずに、すぐにご検討することをおすすめします。 安い物件に『更にいろいろな条件や、価格交渉などをおこない、それを満たしたら購入してやってもいい』などと、横柄な態度の方は、購入できません。その物件は、ほかのお客様へすぐに紹介されて、売却してしまいます。あなたの気づかないうちに後回しにされて、ひとこと『ほかのお客様が購入したようですよ』で終わります。これ以降は、あなたへの物件の紹介すら激減していきます。

 

不動産会社に集まってくる魅力的な物件情報は、営業マンが紹介する優先順位を付けて、よいお客様の方から順に話をもっていきます。 お客であるはずのみなさんの方から不動産会社とコミュニケーションをとらなければならないのかと変な内容ですよね。しかし、この作業が最大の利益をきっとあなたにもたらします。 良い物件であればあるほど、不動産会社へ同じ物件で多くのお客様から、問い合わせが流れ込みます。不動産投資物件は高額商品だから問い合わせが集中していると想像しがたいかもしれませんが、そんなことはありません。良い物件はだれにとっても魅力てきな物件です。この問合せいただいた段階からすでに不動産会社は、売却先の優先順位を決めています。 この優先順位次第では水面下の物件情報や割安な物件を紹介してもらえる事もあります。不動産会社の担当者と良好なコミュニケーションがとれていれば、信頼関係から安心感がもたれ先行して物件を紹介しようと思うのです。 多くの投資家が興味をもつ割安な投資物件を最終的に売却先を決定しているのは不動産会社です。信頼できる不動産会社をパートナーにすることができれば、不動産投資を成功させる最も安全な近道となるでしょう。

 


℡:03-5388-9055

mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

2019年07月15日