・不動産投資で成功するために、物件選びより大切な事。


不動産会社選びは、時として投資物件選びよりも重要である場合があります。そのことを私自身が心底実感した実際にあった投資物件売却の事例をご紹介します。

お客様から一棟マンション(投資物件)の査定依頼をもらいました。依頼者は大手企業に勤務するサラリーマン。属性の良い方です。

当時不動産投資を始めるため、各社様々な不動産セミナーに参加して勉強されていたのがきっかけ、そこの主催者おすすめの一棟マンションをなんと3棟を購入したとのことでした。ちなみに売買契約は全て”三為契約”でした。



査定依頼を受けた投資物件はその中の1棟。駅から遠く、敷地面積が広い築古のRC造の物件。

内容を聞いてすぐ、三為契約で差益だけを抜かれたと判りました。お客様はサラリーマンにも関わらず、1億円以上の1棟マンションを3棟も購入しており、じつに数億円の借り入れをしている状態です。

査定依頼を受けたマンションは、なんと購入直後、賃借人の家賃滞納が複数の部屋で始まったそうです。もちろん売主の不動産会社からは「決済前には、家賃の滞納などありませんでしたよ」と言われたそうですが…



今後も家賃滞納がどんどん増えていけば、数億円にもなる借り入れの返済がむずかしくなります。その事が明らかなので、売却の査定依頼を頼みにきたわけです。



実際に物件を査定してみると、お客様が買った価格で売る事は難しそうでした。若干の赤字になる覚悟が必要です。現状の家賃収入は、想定よりも少ない現実。その上仮に売却しても、赤字が発生するのは必至。赤字になると判っていて売却するなど、とてもできないという悪循環に、お客様は困り果てていました。

サラリーマン大家さんが不動産セミナー等で投資物件を購入しても、今回の様なケースに至る時には、正直これから先はかなり厳しい運用が予想されます。不動産会社選びは、時として投資物件選びよりも重要である。不動産セミナーに参加して、主催者おすすめの一棟マンションを買ったことから始まった悪循環。

誠実な不動産会社から物件を無理せず購入していれば、購入直後に家賃滞納がはじまるようなマンションを買わされることなどはなかったのではないでしょうか。目先の利益だけでなくリスクにもしっかりと目を向けて、耳障りのよいことばかり言う不動産会社ではなく、誠実な不動産会社を選んでみてください。それが不動産投資成功の近道となります。

2019年07月19日