・私道に面する土地の購入で注意すべきこと。通行トラブル実例

私道に面するトラブルの実例です。私道の掘削、通行の承諾を頂いた所有者が亡くなり、相続人からは了解が頂けない状況となったケースをご紹介します。 私道に面する土地を買うときは、”私道の通行”に関する承諾と、”掘削工事”の承諾と合わせて私道の持ち主から頂きます。車庫付の住宅を建てるときにも当然、購入された方の車がその私道を通ることになると考えられますので、そのために車両の通行承諾も取得します。

 

■ 事例 大手不動産会社でのケース。自宅を注文住宅で建築することを希望されているお客様へ土地をご紹介。その土地をご購入頂けたそうです。大手不動産会社は、《会社指定の測量士が、測量と私道に関する承諾を取得する業務を行う》という規定で、土地の販売活動もしていました。 前面道路の私道所有者は1人でしたが、距離は長く最後は行き止まりの道路形状。物件はその途中にありました。測量士は、数年前に同じ私道の所有者様から掘削や通行の承諾を全く問題なく頂いていたので、その時の状況を大手不動産会社に報告していました。 そしていよいよ売却の話が進み契約準備に入る時、不動産会社は、測量士へ私道所有者から通行・掘削の承諾がすんでいるかを再度確認。測量士は、今回も問題なく取れると不動産会社の担当者へ最終報告をします。 不動産会社は、測量士からの報告を会社に報告を上げて、同時にお客様にもご報告。私道の通行・掘削承諾取得の前ではありましたが、後日、数億円の土地契約と決済を行いました。 数ヶ月後、土地をご購入されたお客様は、ハウスメーカーと間取り等の打ち合わせも終わり、建築確認申請の準備に入るために、私道の通行承諾の件を確認するために来社。担当者が近況を測量士に確認したところ、状況が大きく変化していました。


以前測量士が承諾を頂いた私道所有者は、既に亡くなっていました。現在相続が発生している状況。そして相続人は複数名。測量士が各相続人へ通行・掘削の承諾を頂くためにお願いをしました。ですが、おひとりの相続人からはどうしても了解が頂けない困った状況です。 測量士から担当者へこの時に報告がされました。当然土地代金の支払いも済み、お客様は、いよいよ建築に向けて計画が進スタートしていたわけです。お客様はハウスメーカーへすぐにストップの指示を出すことに。。 建築は止まり、私道の通行承諾取得待ち状態になりました。 私道の通行承諾等をけない理由をおうかがいしたところ、私道の距離が長く、今では奥に家が建ち並び、奥の家の車が私道所有者のご自宅前もよく通る状況になりました。車の通行が増えたことで、埋設管が痛み、壊れることを心配して、これ以上家が建つのを躊躇しているということでした。

このおひとりの相続人から私道に関する承諾を頂くのに、2年かかりました。不動産会社の担当者が何回も通い、細かく状況を説明をさせて頂き、説得してようやく承諾を頂けることに。 土地をご購入された方も、非常に良い方で私道承諾を頂くまでの2年間お待ち頂け、2年後から建築に向けて再スタートしたそうです。 (※当社は売買経験が長く大手を含めて、あまり話したがらない不動産会社の実際にあった失敗例を教えて頂いています。) 他にも、私道に面する土地を買い、建物の完成後、なんと私道の持ち主が車の進入を拒む支柱を私道入口に建てたケース。自分の土地に車が入れられなくなったトラブルもありました。 物件は建築中にご成約。その物件は私道の持分はありませんが、掘削工事については私道の持ち主に、承諾を頂いた状態で着工していた住宅です。前面道路の幅は車が通れる道幅です。新築の建物は車庫付で設計されていました。 この新築一戸建てをご購入された方は、車庫付を条件に住宅を探していたお客様。建築工事が終わり、建物が完成するとなんと私道の所有者が車の進入を拒む支柱を後からたててしまったのです。この事で、車の進入ができなくなった建売住宅のトラブルです。


いかがでしたか?このブログには今後もプロの失敗例(実話)も書いていきますので、個人の方は特にご参考にしてみてください。アパート建築やご自宅の立て直しの参考にもなると思います。不動産取引は、慎重の上にも慎重が大切な事を再認識させられた事例でした。みなさんも失敗の無い慎重な不動産取引を心がけてくださいね!

2019年05月31日