・不動産の購入に不安はつきもの?その不安会社のせいかも…


家を買う、土地を買う、マンションを買う。などなど、あなたが不動産を買うとき、あるいは投資家の方で、収益物件をはじめて購入するとき、話がすすむにつれて、いえもしかしたら、探し始めたその時から、さまざまな不安が次々と頭に思い浮かんでいるかもしれません。

不動産は高額な買い物です、不安はつきもの。不安な時、その不安はため込まず、ぜひすぐに不動産会社へ質問をしてみてください。

不動産の売買に関するご質問には、不動産会社が直接即答ができる質問と、売主さんに確認してからしか回答できない質問があります。このやりとりでお客様のご不安が解消されれば、安心して契約をすすめていくことができますが、不動産会社からの返答に歯切れが悪く、更にあなたの不安感が増してしまったり、不満がたまってしまうような回答の場合には、最悪対象不動産の購入を考え直した方がよい場合があります。

その理由は、あなたの意向と、売主の意向が合致していないため、回答があいまいだったり、不明瞭になている状況が考えられます。不動産会社は仲介のプロとして双方の調整を図る努力を行います。ですがあなたの知らないところで、あなたと売主の見解に違いが起きてしまっていることがあります。不誠実な不動産会社であれば、無理やりにでも仲介を成立させようと、あいまいな回答に終始するかもしれません。あいまいに説明され、最終的にあなたが妥協の連続をしてまでその不動産を購入することは、あまりおすすめできないことです。

購入物件がもしご自宅の場合は、あなたの色々な条件を満たした、限られた魅力ある物件であるとおもいます。その物件が何が何でも、どんな条件でも欲しいというような、購入意欲の強さでも判断が分かれますが、営業マンから聞かされる説明そのものに疑問が多い場合は、不動産会社選びから再検討されるのがよい方法です。

投資物件を検討される方の場合で、特にはじめて投資物件を購入を検討している方。この場合、将来的な不安材料が次々と出てきて、不安な状態が止まらない方もいらっしゃいます。投資家の不安心理は、物件が高額であるほど増幅する傾向にあります。そんな中で、売主と交渉したり、条件や取り決めをしていきます。

仲介する不動産会社が誠実な応対をしていなければ、あなたの不安は、ループ状態に突入してしまい、その不安からあなたの希望条件までもが次々と変化してしまうことがよくあります。初めての投資物件の購入では、自分自身の判断に自信を持てる方は少ないです。そのうえ信頼できるパートナーでなければならないはずの不動産会社も、あいまいな対応であれば不安の解決ができない状態になってしまいます。この場合には、信頼できるパートナーが見つかるまで投資物件のご購入を控えることをおすすめします。

もし、あなたが同様な状況で悩みがちなときには、現物不動産投資よりもREIT(不動産投資信託)がおすすめです。不動産投資を専門家に託してしまう事で、諸問題のご不安からも解放され、小口からでも投資ができます。不動産関連価格の動向をリート経験されてから現物不動産投資に再チャレンジする方法がおすすめです。

※リートとは、投資者から集めたお金で不動産投資し、そこから得る賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品のこと

不動産は高額な買い物です、不安はつきもの。ですが、不安があって当たり前だと考えて、無謀な不動産取引に臨まない様にご注意ください。その不安はパートナーの不動産会社からくるものかもしれません。不誠実な不動産会社から購入し売ることはあなたにとって、とてもリスクの高い事に違いありません。抱いた不安は率直にぶつけ、その対応次第では、営業マンを変える、不動産会社を変える、物件購入するかどうかを再度検討してみるという選択肢をもってください。そして安心、安全な不動産取引をされてください。

お役に立ちましたら『シェア・リツイート』をお願いします。

ぜひ、読者登録もお願いします。ランキングにも参加しています。
下をクリックして応援してください!うれしくてもっとがんばれます。

不動産投資に関してのご不安やご相談も無料で回答しています。

ブログ読んだよと言ってもらえれば、喜んでなんでもご説明します。購入しなくても大丈夫ご安心を(笑)

℡:03-5388-9055  mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

2019年08月01日