・不動産業社が自宅を探す時、どの不動産会社を選ぶか教えます


不動産業社の私が自宅を探すときの不動産会社を選ぶ方法を公開します!

1戸建て住宅を中心に販売していた経験から、お客様が家を高く買ってしまうケースを見る機会がよくありました。私がおすすめする方法で不動産会社を選べば、家を安く買うことが出来るかもしれません。



ところで、みなさんは家を買う時以下の3つの会社のうち、どうやって不動産会社を選んでいますか。

①希望の物件を取り扱っている”中小の不動産売買専門業者”

②希望の物件を取り扱っている”大手の不動産仲介会社”

③希望の物件を取り扱っている”地元の不動産会社”



各不動産会社の特徴を書きます。

①中小の不動産売買専門業者は、エリアの特性よりも売主との関係を重視して営業活動する事が多いです。決まった売主とくりかえし取引しており、その売主の建売を常に扱って販売するケースが多いです。売主と専任媒介契約を締結し、集中販売するケースも珍しくありません。



②大手の不動産仲介会社に、あなたが気に入った物件を買う為の希望条件を伝えた時、交渉する選択肢がせまくなる傾向があります。それは大手不動産会社には、お客様の数が多く、なかでも条件の良いお客様が優先されるので、そもそも価格などの条件交渉をしてくる事自体、難しい顧客として扱われ、他の顧客に紹介する傾向があります。



③地元の不動産会社は地域に密着して営業しているケースが多く、賃貸管理などを中心に営んでいる会社が多いのが特徴です。売買の経験が少ない会社が売主と交渉した場合、売主がお客様の住宅ローンなどの資金計画を不安に感じるケースが多いです。交渉前から売主が疑心暗鬼になってしまうケースもよく聞きます。

特に①は、しつこい営業マンに当たる可能性もありますので要注意。

※ネットにある手数料0円の会社に私は行きません。一部の建売業者は、繰り替えし取引をしている不動産業者との信頼関係から、仲介手数料0円の不動産会社とは、はじめから取引をしないケースもあります。

みなさんは、どの不動産会社を選びますか。ちなみに、どの不動産会社を選んでもお客様側に立ちながら交渉をする担当者を見つけるのが大切なポイントとなります。私ならば、迷わず中小の不動産売買専門業者を選びます。しつこい営業マンに当たる可能性もありますが、お客様の立場で交渉してくれる担当者を見つける事が出来れば、売主との関係が深い場合が多く、価格交渉に応じてくれる確率が上がるからです。

また中小企業は大手企業に比べて、担当者の個人的な感情で動ける範囲が広く、良心的な担当者に出会えた場合は、お客様の要望に沿って会社が対応してくれる可能性があるからです。私がおすすめする家を安く買う方法は、中小企業の不動産会社を選んで、お客様の立場で交渉してくれる担当者を見つける事につきます。ぜひみなさんも、ネームバリューだけでなく中小企業の不動産会社にも目を向けて家探しをしてみてください。

2019年08月05日