活動日2021/03/30

コロナ禍の今「このタイミングでの不動産投資デビュー」は損か得か

今回、コロナウイルスが不動産投資に与えた影響は、業界にとっても、もちろん私にとっても初めての経験です。駅前のビルから店舗が次々と退去したり、会社が、小さな面積のビルに移転したりと、コロナ前とは目に見えて様変わりしています。
今から不動産投資を始めようと思っている方へ、はじめにお伝えしたいのは、資金的に余裕がある方以外は、店舗やオフィスビルが入居している駅周辺に建つビルに投資をするのは、さけること。これをおすすめします。つまり、今からはじめる不動産投資は、ハイリスク・ハイリターンになります。

コラム

店舗やオフィスビルが入居している、駅周辺に建つビルに投資をするのは、さけるべき
※資金的に余裕がある方は例外

一方で、これから不動産投資をはじめる方には、比較的堅実な投資物件をおすすめします。アパートや一棟マンションなどの住宅系の投資物件です。駅から10分以内程度の距離にあり、なるべく都心部に近いエリアや、アクセスのよい地域がおすすめです。

ポイント

今は、アパートや一棟マンションなどの住宅系の、比較的堅実な投資物件がおすすめ。


住居系に投資される際、人気の少ないエリアにあるアパートなどは、家賃を下げても入居者が見つかりにくい状況も想定されます。ですから、ある程度余裕ある資金計画で、不動産投資をはじめることがおススメです。

今の時期に不動産投資をはじめる方にとっては、価格の交渉が成立しやすい時期でとても魅力的ですが、物件選びを間違えると空室率が高くなるリスクがある時期でもあります。

物件選びが難しい時期なので、まったくの初心者にはおすすめできません。

一方で、すでにアパートなどを持っている方は、慎重に物件選びをすることで、お買い得な投資物件を手に入れることができる時期です。

本日のまとめ

コロナ禍での不動産投資デビューはハイリスク。損する可能性が高い。すでに不動産投資経験をされているいる方には、チャンスになる!得する可能性も!

では、今日もまじめに、真剣に、丁寧に、お仕事頑張ってまいります!