空き家無料調査


※ビル・アパート・空地等、空き家以外の不動産も無料調査可能です。2014年12月1日全国賃貸住宅新聞で取り上げられました。

空き家の無料調査


近所のあの空家、売り物になるなら、買いたい!実家の近くに住みたい。隣の空地を売ってくれるつもりはないか所有者に聞くだけでも聞いてみたい!でも顔見知りだし、私が依頼したことは内密にしてほしい。そんなお悩みはございませんか?


離れて暮らしていたが、高齢の両親の為にも近くに住みたいと考えるようになった。子どもが産まれるので、実家の近くに引っ越したい。家族が増えて手狭になったので、引っ越したいが、子供の今の学区からは出たくない。様々なご事情で住まい探しを進めていると、ふと近所の空き家や、空地が目についたことはありませんか?

不動産屋さんにお願いしてもいいのかどうかもわからないし、めんどうなことになるのも嫌。。それでもせめて、あの空き家を売る予定があるのか、ないのかだけでも聞いてみたい。そう思う方もめずらしくありません。もしあなたをそんな思いにさせる空き家や、空地があるときにはご自身でできることもあります!


”空き家の所有者を法務局で調べる方法”

空き家の所有者の調べ方


①法務局で登録されている空き家の所在地を特定します。
➁そして、その所在地を使って、所有者がわかる書類を法務局に申請します。(ご自身でやると有料)
③空き家の所有者を確認後、その方に売る予定があるかどうか聞く。

以上のような流れになります。 ちなみに、”法務局”と聞いても場所も知らないし、法務局に何があるのかも知らないよ。と言う人のために簡単にご説明します。 法務局には会社の印鑑証明が登録されていたり、登記簿謄本という土地や建物の大きさや所有者の情報が登録されている書類の写しを取得することができます。そして大事なのは法務局で空き家の所有者を調査するために必要な所在地とは、普段利用している郵便や運転免許などに記載する住民票の住所と異なるということです。

 

法務局で所有者を調べるためには



もしこれをお読みになってご自身で調査するのは大変そうだと感じられた方は、当社の空き家の無料調査サービスを是非ご利用ください。実費も経費も一切無料の新サービスで、大変ご好評いただいております。


売るのかな?売らないのかな?既に売られちゃったのかな?でも誰に聞いたらいいんだろう。。そんな時にはぜひ当社へ。お電話でも、メールでもお気軽にどうぞ。住みたいエリアが限定されていらっしゃる場合、物件がでること自体が貴重なことも多いものです。迷っている間に売られてしまったと後で後悔するよりも、出来る限り調べてみる。それだけでも、納得が出来たり、また新しい巡りあわせや、新たな発見へつながることがあるかもしれません。


空き家の所有者を調べるには上記に書いたように、時間と労力、そして法務局での手数料(約600円程度)が必要になります。買いたいし、聞いてみたいけど、でもダイレクトには聞きづらいし、もしご近所さんが売る気がないときには、自分が買いたがっていたことを知られるのは気まずい。そんな方を対象にした無料の新サービスです。都内にお住まいの方限定ではございますが、空き家の調査を無料でやらせていただきます。2014年には全国賃貸情報新聞で取り上げられました。

空き家無料調査依頼


なぜ経費がかかるのに無料で行っているのか?と思われますよね。 この空き家の無料調査サービスは、近年増えている空き家解消に向けてのサービスなので無料で行っております。実費や経費も無料、安心してご利用いただけます。
実際の調査の流れはこちらから